出会いで親しみやすさは東京ではかなり薄い

2018.03.31 Saturday 17:32
0

    出会いほどの大きさのアーティチョークは花芽です。

     

    起源は出会いの海岸であり、日本ではタイシスルと呼ばれ、親しみやすさはかなり薄いですが、ヨーロッパではローマ時代から食べられていたと言われています。

     

    全体を茹で、花びらを剥がし、根元部分を歯で絞って食べる。

     

    東京 出会い

    花びらの花は、刺身として扱われます。

     

    出会いの花の代表はバラです。

     

    ゼリー、ジャム、ハーブティーなど。

     

    ビタミンCが豊富なローズヒップはバラの事実です。

     

    ハイビスカスとラベンダーはハーブティーにも精通しています。

     

    赤と黄色の明るい花のナスティータの丸い葉は、サラダと料理の予定に適しているように見える、辛くてスパイシーで香り高い特徴的な季節です。

    category:- | by:tokyo86653comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM