人生について議論した長崎の出会い

2019.06.30 Sunday 13:09
0


    低レベルの役人として、私は降りるのに長い人生を過ごしました、

    「知っている」と認められ、52歳で司法長官となりました。

    長崎の出会い
    しかし、無秩序な世界を直すために、私は56歳から遊牧民の国への旅に出ました。

    13年間、私は8カ国で「とく」と言って歩いたが、担当できない

    私が69歳の時、私は再び故郷に戻り、孔子学園を開きました。

    長崎の出会い
    彼は74歳で亡くなるまで弟子たちに教えました。

    長崎の出会い
    私は近年私が編集したものに精通しています。

     

    それは日本の道徳と武士道に影響を与えた議論です。

    岬隆一郎の訳
    平易な言葉で

     

     

    長崎出会い


    あなたを紹介したいのですが。

    「草が風になびくように」

    紀子清子は孔子に政治について尋ねた。
    「人々が彼らの邪魔にならない場所から出て行き、善良な人々のところへ行くことが必要であるならば、どうですか?」

    孔子が答えます。
    「下のものは上のものに従うことです。
    なぜ死刑を使うのですか?長崎の出会い

    あなたが善を支持して主導権を握って人々を主導するならば、人々はこれに触発されて善人になるでしょう。

    たとえば、上の王子は風で、下の人は草です。

    風が吹いても草はついていくでしょう。 「長崎の出会い

    「こじじ」

    彼らは自分の誇りを持っているので、心を持っている人々は人々と戦うことはありません、
    たとえあなたが多くの人々に囲まれていても、あなたは同じ稲妻を持つことは決してないでしょう。

    これは持ち株と呼ばれます。


    「人と言葉の混乱」

    心がいい人は公平で、話すのが上手なのですぐには採用しませんが、

    あなたが悪い人だからといって、その人の言うことを捨てることすらしないでください。

    「最高の人、最低の人」長崎の出会い

    自然にフィットする自然に生まれたものが最高です。

    category:長崎 | by:tokyo86653comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM