通常は本当に楽しい長崎の割り切り

2020.03.14 Saturday 14:50
0


    私は人が嫌いです。私は自分を強制的に非タイプと一緒にする必要はないと思います。本当に好きな人


    私は自転車で時間をつぶしていました。


    に入りコンビニに入ってパンとコーヒーを買う。長崎の割り切り


    朝食外に出て、冷たい朝食をとる。


    特に代替なしの通常の朝。長崎の割り切り


    乗り自転車に乗って、空き缶やパンの袋を自転車のベルに引っ掛けて暇をつぶします。


    日この日は休日ではありませんでしたが、夜の仕事だったので、商品を見るためにまだ入っていない店を思いつきました。


    に入っ店の駐車場に入りました。


    風突然風が吹き、鐘に引っかかっていた空の缶やパンの袋が飛び去りました。


    空きカンカンカラララララの音とともに空の缶や袋が消えていく…広い駐車場。


    切り替えコースを後ろに変えたようにパン袋でコンビニエンスストアをつかみ、周りを転がして空の缶に追いついて足で足をつかみ、自転車から降りました。


    いかまだ時間が早かったので、駐車場には車がありませんでした。長崎の割り切り


    ゆっくりまたゆっくりと自転車駐車場に向かいました。


    を自転車を止めて店に入ることを考えたとき、電動アシスト付きの自転車が隣に来ました。

    感じ70代の老人のように感じました。

    突然、老人が話しました。

    長崎の割り切り
    老人は言った。


    老人「あなた、素晴らしい」

    私ぁ長崎の割り切り

    老人は「感動しました」

    私は「なぜ」

    老人「あなたがゴミを拾う場所がわかりました。あなたのような人がたくさんいれば、この国は良くなると思います。」

    category:長崎 | by:tokyo86653comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM