トップページ > 映画『桜田門外ノ変』 > ストーリー

ストーリー

安政7年(1860年)2月18日早暁、水戸藩士・関鉄之介(大沢たかお)は妻ふさ(長谷川京子)と息子の誠一郎(加藤清史郎)に別れを告げ、故郷から出奔した。鉄之介はこの年の1月、水戸藩の有志たちと徳川幕府の大老・井伊直弼(伊武雅刀)を討つ盟約を結び、それを実行するために江戸へと向ったのである。

大老襲撃は3月3日に決まり、鉄之介を始めとする水戸脱藩士17>名と、薩摩藩士・有村次左衛門(坂東巳之助)を加えた襲撃の実行部隊18名が集結。そこで襲撃計画の立案者で水戸藩尊王攘夷派の指導者・金子孫二郎(柄本明)から、鉄之介は実行部隊の指揮を執るよう言い渡される。

そして襲撃当日。
品川愛宕山へと集結した鉄之介たちは、襲撃地点である桜田門へと向った。襲撃者の一人が大老の行列に直訴状を差し出す振りをして、行列に斬りかかる。同時に仲間が発砲した短銃の発射音を合図に、斬り合いが始まった。やがて有村次左衛門が大老の駕篭へ到達し、ついに井伊の首を刎ねた。
襲撃隊は稲田重蔵(田中要次)が闘死、4人が自刃、8人が自首。

その成功を見届けた鉄之介は、京都へと向う。
計画では大老襲撃は序曲に過ぎず、同時に薩摩藩が挙兵をして京都を制圧し、朝廷を幕府から守るはずだった。しかし薩摩藩内で挙兵慎重論が持ち上がり、計画は瓦解する。幕府側からは勿論、かつての同胞・水戸藩士からも追われる立場となった鉄之介は、「桜田門外ノ変」に至る歳月を思い返していく。

安政元年(1854年)のペリー来航以来、外圧に負けて鎖国の門戸を開こうとする井伊直弼など徳川幕府の譜代大名たち。それに異を唱えて尊王攘夷論を押し出した水戸藩主・徳川斉昭(北大路欣也)が対立。
やがて井伊が大老に就任したことから、斉昭の一派は失脚。
井伊はさらに斉昭に賛同した各藩の藩士、公家を弾圧する『安政の大獄』に手を染めていく。
この暴挙を食い止めるため、鉄之介たちは立ち上がったのだったが……。

「我らは井伊直弼の首一つを奪うためにどれだけ多くの命を道連れにしたのでしょうか」



■『桜田門外ノ変』映画化にあたっての視点

◆今、何故『桜田門外ノ変』なのか
この事件の歴史的評価をめぐって、明治維新以後、戦時中も戦後も定まった統一意見はない。しかし、明治の新政府が確立するわずか8年前に起こったこの事件が、幕末の歴史の動きに大きな影響を与えたことは紛れもない事実である。

司馬遼太郎は「暗殺という政治行為は、史上前進的な結局を生んだことは絶無といっていいが、桜田門外の変だけは、歴史を躍進させた、という点で例外である。」と書いている。
明治維新、太平洋戦争に続いて、日本は今、第三の変革の時代と言われている。黒船来襲、日米戦争に続いて、資本のグローバリズムの波が否応なく日本を覆い、国際関係の中で日本の立つべき位置がどのようなものなのかを、今、我々は問われている。  

そのような時代に私たちは、第一の開国の時代の歴史を、そしてその中でもタブーだった「桜田門外の変」を見つめ直すことは、大いに興味あることだと思う。


◆どのように描くか
映画『桜田門外ノ変』は、井伊直弼暗殺事件の実戦部隊の指揮官だった関鉄之介を主人公として描かれる。
私たちは、関鉄之介を歴史のヒーローとして描くつもりはない。
当時の幕藩体制と水戸藩の関係、水戸藩の下級武士であった彼が何故このような大事件に関わるようになったのか、そして事件後、彼は何を考え何を悩みながら、二年後の捕縛に至ったのかを克明に描くことで、歴史の動きとその中で翻弄される個人、そして個人の喜怒哀楽を通じて歴史を再認識させるという形で描きたいと思う。
「変革は この時から始まった」 「ここから日本は変わった」


ストーリー キャスト 撮影ウラ話

オープンロケセット記念展示館

東映映画「桜田門外ノ変」

DVD・グッズ販売


イベント情報

支援の会

アクセス

スタッフブログ

facebook.

桜田門内の変

夜梅祭